憧れのバストを手に入れる|豊胸手術を受ける

婦人

悩みを抱えているなら

ウーマン

強烈なニオイを発生させるワキガの治療に効果的なものがミラドライという医療機器です。独自のマイクロ波が原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺の水分に反応し破壊していきます。メスを使わずキズも残らないのでダウンタイムも短いのです。

もっと読む

最新技術で安心治療を

医者

沖縄で美容皮膚科を見つける場合は、インターネットを活用して地域別に調べると良いです。沖縄は厳しい日差しなのでお肌のダメージも大きいです。そんなお肌に対して最新設備によって数々の実績を蓄積しているのが、沖縄にある美容皮膚科の特徴です。

もっと読む

バストにお悩みの女性へ

胸に触れる人

豊胸治療は施術方法に様々なものがあることが特徴です。一般的なシリコン注入のほかにもヒアルロン酸注射などがあります。豊胸治療を受ける前に、良いクリニックを選び、経験豊富な医師を選択することが大切です。また、治療に失敗した際の保証も忘れずにつけてください。

もっと読む

手順と麻酔

バスト

シリコンバッグによる豊胸手術のやり方は次のようなものです。皮膚をカットする場所は脇の下が原則です。実際に豊胸手術を行った後に手術痕がほとんどわからなくなるからです。欧米においてはアンダーバストの下をカットしてそこからシリコンバッグを挿入することが一般的です。これは手術が簡単だからです。どちらの方法でも行うことができますので、どちらかの希望があるのであれば医師にその旨を通知しましょう。シリコンを挿入した後はドレーンを入れます。これは管のようなものであり、血液やリンパ液を排出させる役割を持っています。内出血や腫れなどを防ぐために入れます。シリコンバッグの豊胸手術を受けるときはダウンタイムを軽減させるためにもドレーンをおすすめします。

豊胸手術において重要なことは治療内容と麻酔の内容です。病院によって麻酔方法は異なります。ここではシリコンバッグを挿入する従来の治療法の麻酔方法を紹介します。まず種類としては全身麻酔と局所麻酔の2つがあります。シリコンバッグを入れる手術の場合は寝ているときに行うのが原則なので、全身麻酔をします。しかしながら、起きたまま治療を受けることも可能なので、そうしたときには局所麻酔を施します。この麻酔方法はあまり知られていませんが、手術中の出血を抑えることができるというメリットがあります。安全性も高く痛みも全くありません。治療を受けたときのダウンタイムも比較的少ないです。豊胸手術を受けるときには局所麻酔もおすすめです。